圧着ハガキで楽々便利♪圧着ハガキ企業比較サイト

top > 圧着ハガキとは > 意外と安い!圧着ハガキの料金相場

意外と安い!圧着ハガキの料金相場

 意外と安いと感じるのが圧着ハガキの料金相場であり、比較をする時には圧着ハガキの比較サイトの活用です。少しでの低コストで依頼をしたいのが本音ですから、費用面は誰しもが気になりますし、そうした不安もスッキリさせる比較サイトは助かります。
 費用面のわかりやすい説明や、サービス利用の方法もわかりやすいので、利用にはこうしたランキング比較サイトが便利です。依頼をする業者や加工に枚数によっても、価格面には違いが出てきますが、ある程度の目安が分かると、依頼の計画を立てやすくなります。
 印刷代金と加工代金でだいたい50円位、宛名印刷大は5円ほど、郵便代は税込で52円位を目安と考えて、詳細は依頼する業者の価格表を確認です。枚数が多くなることで、パック料金の単価を用意しているケースもあります。

 厚着タイプのハガキは葉書でありながらも、情報量は豊富なタイプであり、一般的な葉書と比べてみましても、3倍近い情報量が詰め込まれています。複数回用紙を折って、専用ニスを利用して、貼り付けて仕上げるダイレクトメールのタイプです。
 剥がすのは手間の取る作業ではなく、とても簡単にスムーズに剥がすことができますし、中はわかりやすく印字があって快適な利用ができます。一旦はがしたらまた貼り付けることはできないですが、情報を葉書に乗せて受け取り相手にだけ知らせたい時に、効果的な利用ができるタイプです。
 受取人にだけ特別な情報を知らせたい時には、こうした圧着スタイルのダイレクトメールは最適な利用になります。希望用途に合わせて、情報量などによってもいろいろなパターンが用意されているので、使い分けも可能です。

 通常の葉書は届けばすぐに内容がわかりますが、圧着タイプは開く楽しみがあり、開きたくなるワクワクした心理的な効果があります。郵送で手元に届いただけでは、中に何の情報があるかはわかりませんが、中の情報を知りたくなるので開けたくなるのも一つのナイスなトリックです。
 ただ明らかに何かがなかに情報として隠れていますので、開いて情報を知りたくなるので、読まれる確率は高くなります。専用ニスを用いての圧着スタイルのハガキですので、郵便での郵送も安心です。
 中のお客さま情報が読まれることはないですし、なにかの契約内容もほかの人にさ取られる心配はありません。圧着スタイルのはがきにすることで、普通のハガキを利用するよりも、中に秘められた情報量は、2倍や3倍の量を情報として提供可能です。

ページトップへ