圧着ハガキで楽々便利♪圧着ハガキ企業比較サイト

top > 圧着ハガキとは > 圧着ハガキを相手に伝えやすくする

圧着ハガキを相手に伝えやすくする

単純に圧着ハガキといえども、種類やポイントによって大きく異なることがわかります。
大きさやタテ・ヨコの関係により、質の高いものを手に入れるチャンスにつながるでしょう。
特に必要とされている情報をどの形なら正確に伝えられるのか、印刷業者との打ち合わせ時に担当者が腕を見せるチャンスといえます。
オンライン上で希望のデザインを送付するタイプであれば、利用しやすく正確なデータの送受信が可能といえるでしょう。
ポイントに応じて利用しやすい会社のものを選ぶ事が重要ですが、特に重要なポイントとしては、利用するとき正確さを理解し、必要な部分を大きく見せ、お客さんの関心を引くことです。
必要としている部分を正確に把握することがよい結果につながるでしょう。
読む人にどんな商品に関心を持ってもらいたいのか、理解して作る事が重要です。



圧着ハガキをDMとして活用するメリット

圧着ハガキをDMとして活用するメリットとは、何と言っても通常のハガキよりもたくさんの情報量を掲載できるという点です。
専用の紙を2つ折りや3つ折りにプレスすることによって1枚にはがきに加工する圧着ハガキは、通常のはがきの2~5倍の情報量を掲載することができます。
それでいて郵送料金は定型ハガキの値段になるので、封筒で郵送する時よりも送料がかかりません。
更に情報が掲載されている中面を圧着するので、見えてはいけない個人に関する情報を隠すことができます。
もちろん透かして見ることも出来ないようにベタや絵柄などの地紋を入れることによって十分な機密性を確保することもできます。
そして、圧着ハガキには受け取った人が自然と開封して見たくなるような気持ちになりやすいというメリットもあるため、ターゲットに確実に情報を伝えることが出来るでしょう。



圧着ハガキの折り方の種類3タイプ

ポストにはチラシやダイレクトメールが届き、お店や会社などからの情報がたくさんあります。
ダイレクトメールには封筒に入ったものや、圧着ハガキなどのハガキタイプが多いです。
このタイプには折り方が3タイプありますが、2つ折のタイプと3つ折のZ折になります。
また内3つ折はあまり使われないものの、往復ハガキとして利用されています。
一番多く使われる2つ折は2面になっていて、外側に宛名の面もあり内側に情報を載せる2面があります。
また圧着ハガキの2つ折りはA5サイズを折ったサイズで、内側と外側を両面印刷しなくてはなりません。
また3つ折のタイプはA4サイズをカットしたもので、6面ハガキになっているのと4面ハガキがあります。
そして便利なのが内3つ折タイプの圧着ハガキで、往信部分を圧着していて返信部分を切って送る事ができます。

ページトップへ